• カナダ留学で滞在する場所をモントリオールにする利点

    カナダ留学をする際、カナダには多くの魅力的な街がありますから、どこの街に滞在するべきか悩んでしまいますが、滞在先をモントリオールにすることで、他の街に滞在するよりも多くの、そして面白いメリットを得ることができます。

    モントリオールは人口340万人のカナダ第2位の大都市で、生活を送る上で不便のない土地柄で、そのなかで生活している人々のうちにフランス移民者が非常に多いのが特徴です。



    それというのも1760年にイギリスが占領するまでモントリオール一帯はフランス領だったことを土壌に、1977年にモントリオールの位置するケベック州が新たにフランス語法と呼ばれる州法を定めたことが大きな理由です。

    あなたのご要望に応えるminp!の情報を簡単に探すことができます。

    フランス語法の定めるところにより、モントリオールでは、英語を母語にするカナダにありながら、公用語がフランス語であり、街で目にする看板や標識なども全てフランス語に統一されているのです。

    ですから、カナダ留学でモントリオールに滞在することにより、英語と同時にフランス語を学ぶことが可能ですし、フランス特有の文化を味わうことも充分可能です。

    最高のカナダ留学に関して悩んだら、是非お試し下さい。

    また、モントリオールの町並みはヨーロッパ的な石造りで、道路も石畳のように舗装されていますし、モントリオールは観光客に対してモントリオールを北米のパリであると宣伝しており、実際に街の美しさはカナダでも随一です。
    加えてモントリオールは非常に芸術面で発展しており、フランスのそれよりもよりフランス的だと評されたモントリオール交響楽団を筆頭に、日本でも有名なシルクドソレイユなどの団体が所在しているほか、国際的に有名なモントリオール映画祭も開催されますので、特に芸術を学ぶためのカナダ留学ならば、モントリオールを選択することには大きな利点があります。